×
1 世界の温室効果ガス排出量は2015年のパリ協定採択後、2021年には削減効果が十分に認められてきている。
2 秋田県は全域が積雪寒冷地域および豪雪地帯に指定されている。
3 環境・経済・社会の課題は相互に関連し、複雑化してきているため、県民、事業者、民間団体、行政などの各主体が積極的に参画することが重要。
4 秋田県では人口減少や少子高齢化の問題が、全国を上回るペースで進んでいる。
5 都道府県の中で、秋田県の総面積(約11,638平方キロメートル)は、全国で第5位である。
6 1993年に世界遺産に登録された秋田県と青森県にまたがっている山岳地帯の名前は「奥羽山脈」である。
7 「第3次秋田県環境基本計画」の期間は2021年度からの5年間である。
8 2050年には海洋中のプラスチックごみの重量が海洋中の魚の重量を超えるとの試算もされている。
9 「SDGs(Sustainable Development Goals)」を日本語では「持続可能な環境目標」という。
10 「第3次秋田県環境基本計画」では、秋田県が目指すべき環境像を「豊かな水と緑あふれる秋田」としている。